3月21日にはじめて「M-1ミスト」をスプレーしてから今日で136日が経過。もうすぐで5ヶ月になる。最初に購入した1本目がまだ終わらない。仕事の関係で日常が仕事で埋め尽くされてしまうと、たった朝晩2回のスプレーができないほど余裕がなくなってしまう。悪い性分だし自分をコントロールすることができない。
何かに夢中になると、周囲が全く見えない性格も38年になろうとしている。これもハゲの大きな要因になっているはず。

ここ数週間は、朝晩2回のスプレーは欠かさず行っている。それから先週あたりから洗髪を週に1回にしている。これは、抜け毛が多くなり、薄毛に悩むようになってはじめての試みである。

このきっかけは、前回の122日目の記事で自分の生活、そして頭皮の写真を見て思ったのは、3月に購入してスプレーをはじめたこの「M-1ミスト」だがあまり効果が感じられない…という残念な客観的な判断。

そこでいつもなら「こんなクソ高いもの買わされた!」といって焼け食いするパターンだが、今回は冷静に自分の頭皮について分析した。かいわれ大根の芽がでてくる育毛剤を簡単に諦めることができないのもある。

どの薄毛解消サイトやハゲの解消サイトや本、あらゆる情報に書かれている内容といえば「頭皮を清潔に」という内容。
これは誰が考えてもその通りだと思うし、間違っていないと思う。頭皮が清潔になっていなければ正常な髪の毛が生えてくるわけがない。

そんな影響もあって仕事一色になっている期間も洗髪だけは手を抜かなかった。少し大げさかもしれないがこの10年、洗髪には念を入れてきた!という自信がある。
そのせいもあってかどちかというと頭皮はいつもかさかさしている。頭皮の脂が落ちすぎているように感じていた。ふけがでるのは、頭皮が汚れているせいだと間違った解釈をしていた。乾燥してもかさかさになる。

しかし、シャンプーがよく落ちてないケースがあって抜け毛の原因になる…というのを自分の頭皮と勝手に照らし合わせ、やたらすすぎに時間をかけた。まぁ、頭皮の環境は全く改善しないばかりか?かゆみとフケとひどくなる一方だった。

そんな折り、湯シャンという方法での洗髪の情報を見つけた。頭皮を洗いすぎて脂分が抜けすぎてしまい、抜け毛になるというもの。
最初は、そんなことがあるのか?とも思ったが、若い人でにきびが気になって洗顔をしすぎて、にきびをさらにひどくしてしまう…そんな状態と同じだという。

頭皮も顔の肌も全く同じだという。

約10年間、とにかく頭皮を丁寧に丁寧に洗ってきた生活習慣を真逆に変えるのは少し抵抗があったが実際にはじめてみたら「かゆみ」が激減。
最初は、1週間ごとに洗えばいいと思ってはじめたがこれならシャンプーは必要ないかも?ともとさえ思っている。
実際、毛穴の汚れや髪の毛の汚れというのはお湯だけで十分に落ちるのだそうだ。

ヘアーワックスなどを使う人はシャンプーは必須だそうだが、そういったものを使わない人はお湯のみで洗う湯シャンで十分だという。

たくさん汗をかいたような時はシャンプーをすればいいのだし、やる、やらないを事前に決める必要もないと思い気楽にはじめてみたが頭皮の調子がよくて驚いている。

仕事でイライラしたときの頭皮の痒みもずいぶん以前に比べると減ったように思う。あとは、せっせと「M-1ミスト」で栄養を送り毛が生えてくるきっかけづくりを欠かさないようにしたい。

湯シャンをはじめて2週間になるが、頭皮が臭うとかべとつきがあるとかそういった不快感は全くない。今まで「薄毛用シャンプー」に費やした金をかえせぇ!と言いたいところだが、ひとまずいい方向に向かいそうで期待をもっている。

いつもの通り136日目の頭皮の写真2枚。
正面0807
頭頂部。
頭頂部0807

1件のコメント

  1. […] を使いはじめた3月21日の頃の頭皮の写真と比較すると今のほうがややハゲが進行しているように思う。これはとても残念だが、前回からはじめた湯シャンによる変化にとても驚いている。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です