「M-1ミスト」を使用開始して1ヶ月以上が経過。自分の中で「これ!」という手応えは自覚がないまま1ヶ月以上が経過した。どこかで過大な期待もあったがそれと同じくらい6ヶ月程度は続けないとまずは効果は自覚できないだろう?という冷静な部分もある。

頭皮に関して真摯に向き合う時間は、風呂に入る前と入浴中、そして入浴後になる。これは鏡に自分のハゲの状態が映し出されることが大きな原因だと思われる。
朝食をとったあとに歯磨きをするときも鏡の前に立つが、朝は、仕事のことで頭の中が埋め尽くされている分ハゲをきにしていないといえば嘘になるが、ほとんど気にならない。

特に自分のハゲと向き合う時間は、入浴前と入浴中になる。特に洗髪をした後は、完全に「カッパ状態」になるので厳しい現実を受け止めなければならない。それとこのブログをはじめて、自分の頭皮の正面と頭頂部の2枚の写真。これが思った以上に厳しい現実を突きつけられる

入浴中は、体が温まり血液循環がよくなっているためマッサージを行うには絶好のチャンス。また、頭皮の汚れは薄毛、抜け毛には最悪なので洗髪は非常に重要な時間でもある。

時々、ハゲでもスタイリッシュなおじさんとか雰囲気のあるステキな男性を見ることもあるが大部分は、ださいし、見ていられない。
最近は、仕事でもトラブルが多く、ストレスも多い。

一応、35日目の写真を記録として。
まずは正面の写真から。
正面4/24
気になる頭頂部の写真。
頭頂部4/24

このブログで自分の頭皮の写真を撮影していて思ったがやっぱりはげは「短髪」の方が「はげ」度が少し下がるように思える。よく床屋さんで「4~5mmの坊主にしたほうが目立たないよ」と言われるが本当にそんな気がする。
頭頂部が薄くなるタイプは、特にそうなのかもしれない。
仕事で時間がとれたらとりあえず思いっきり短くしてはげを目立たないようなヘアースタイルにしようと思う。
なんとか新しい毛が生えてくるように強く強く祈るばかり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください